【Q.】レンタルサーバーの『WAF』は、無効のままでいいの?

 

 

いいえ。

サイト改ざん防止対策の一つとして、基本的に【有効】に設定しておきましょう。

 

 

【補足】

ロリポップ!をはじめ、ほとんどのレンタルサーバーでは『WAF』の初期設定は【有効です。

 

しかし、この『WAF』の有効によってファイルがガードされ、アクセス(ファイルの追加・修正)が出来ない状況が発生します。

その際は【無効】に設定し、再度【有効】に戻しましょう。

 

 

【例】WAFの有効設定で、書き込みエラーなどが発生する状況

  • WordPressでのメニュー項目の保存時
  • CSSファイルの書き込み保存時
  • ownCloud使用時の同期エラー、アップロードできない時など

 


上記のようなエラーが発生した場合は、WAFを無効にしてみて下さい。

『ロリポップ!サーバーでWAFを設定する方法』はコチラの記事で解説しています。

ロリポップ!WAFの設定手順

WordPressのメニュー項目が保存できない。書き込みエラーになるんです。どうしたらいいの? こんにちは! 今回は、ロリポップ!サーバー【WAF】の設定方法をご紹介します。 【WAF[…]

ロリポップ!「WAF」の設定手順

 

 


【ownCloudの導入方法】


『ロリポップの無料ownCloudを使って、簡単にファイル共有をする方法』はコチラの記事で解説しています。

大切なPCデータのバックアップにもなりますので、ぜひ導入してみて下さい。

簡単ファイル共有

2台のパソコンから「同じファイル」にアクセスしたいなぁ。 あと、離れた家族やお友達と「プライベートな動画や画像」をシェアしたいんだけど。 簡単にできるのかな? その疑問にお答えします。  この記事[…]

c-eyecat_server-0806-002

 


『ownCloudでファイルを簡単に受け渡す方法』はコチラの記事で解説しています。

ファイルの簡単受け渡し方法

メールじゃ送れない動画や画像の大きなファイルを受け渡ししたいなぁ。家族やお友達とも、プライベートな動画や画像をたくさんシェアしたい。簡単に出来るのかな? この記事の内容 ownCloudによる第[…]

ownCloudファイルの受け渡し方法