注目キーワード
  1. 体験談
  2. ブログ開設
  3. 仕事

イルミネーション 仙台「光のページェント」 みどころ

イルミネーションSENDAI「光のページェント」

宮城県仙台市で年末に開催されるイルミネーションです。今では、冬の風物詩となっており、多くの人々の心に感動の光を灯しています。おすすめの観光方法やイベント情報を紹介します。

【イベント概要】

 

杜の都仙台、その年を締めくくる年末に、毎年開催される「冬の風物詩」です。

 

仙台で生まれ育った私たちが小さな光から希望の光を!​

 

冬の仙台を明るくしたい!​

 

心を一つにして、はじまったイベントです。
昨年のテーマは「みんなで灯す、心の明かり」として、多くの来場者の心に感動を与えるものとなりました。

今では、「光の都仙台」とも言われ始めています。

 

開催時期

 

開催時期は毎年12月中旬から12月31日までで、最終日の31日は24時までです。

2019年は早めの開催ととなりました。

24時ジャストに全ての電飾が一斉に消灯する光景にも感動が待っています。

1年が終わる瞬間は、1年の始まりの瞬間でもあるからです。

1年が終わる寂しさと1年が始まる期待感と、わくわく感を、思いっきり味わえる瞬間となるのではないでしょうか。

その瞬間を味わうためだけに、訪れる観光の方も大勢いらっしゃいます!

 

【みどころ】

 

仙台中心部の定禅寺通り、あおば通のケヤキ並木、およそ800mのストリートに、数十万のLEDを装飾させ点灯させます。

 

その光の美しさは「光の回廊」ともいわれ、それはそれは圧巻で、見たすべての人が光と感動の渦に包み込まれます。これ、本当にすごいですよ!

 

風に揺れるケヤキ並木の散光が、幻想的に揺れ動き、ざわめき、まるで天の川の中に迷い込んだように、全ての人々をファンタジーの世界へ誘うことでしょう。​

 

雪が降り積もれば、白い雪に電球色の優しい色が反射し、白とオレンジのコラボレーションが大変綺麗で、ホワイトクリスマスとなれば、更に訪れた人々の心を高揚させます!

 

沿道沿いには、ハーフミラーのビル群があり、そのミラー越しにイルミネーションがキラキラと反射し、当り一面が光で浮かび上がり、さらに美しくなります。

 

​まさに全身に光のシャワーを浴びているような感じになります( *´艸`)

 

ナイトフライト

 

この開催時期には、「ナイトフライト」といわれる、セスナ機やヘリコプターによる、空からも観覧できる遊覧飛行も実施されます。

空からの光景は、地上からでは味わえない、また格別な驚きと感動が待ち受けています。

上空から、仙台の夜景と仙台中心部のイルミネーションのコラボレーションが見られるのは、日本の中でもあまり類のない企画ですので、いらっしゃった際には、ぜひ体験なされることをお勧め致します。

 

るーぷる仙台

 

地上では、るーぷる仙台といわれる、「仙台市内周遊バスが走行」しており、光のページェント期間はナイトクルーズ便が企画されます。​

走行ルートには、もちろんメインイベントの定禅寺通りも含まれます。イルミネーションのトンネルをくぐり抜ける様子は、まさに天の川の中を駆け抜ける銀河鉄道に乗車してるような気分になりますので、ぜひ体験してみてください。

多少渋滞は発生しますが、逆にゆっくりと光の中での語らいを存分に楽しめます。渋滞も大変楽しいものになるでしょう。

 

その他のイベント

また、イベント会場周辺では、イベントを盛り上げる企画が多く行われます

東京エレクトロンホール宮城では、仙台フィルハーモニー管弦楽団などがチャリティコンサートを、エルパーク仙台スタジオホールでは、スターライトコンサートなどが開催されます。

その他にも、周辺の公園などでJAZZコンサートや、各種イベントが盛りだくさんで行われます。

更に、イルミネーションのすぐ近くには、国分町といわれる東北屈指の繁華街があり、飲食も思う存分楽しめます。

​牛タンの有名店もありますので、ぜひ食べてみてください

 

光の感動を全身に!!

このイベントの資金は、殆どが企業や市民による寄付や募金で運営されており、資金難で開催が危ぶまれる年もありました。

 

たくさんのボランティアにも支えられ、県内外から訪れた人々を楽しませてくれています。

 

皆様、ぜひ一度、「スターライト・ファンタジー SENDAI光のページェント」へお越しいただき、ケヤキと光の感動のパワーを体験してみてはいかがれしょうか!​

 

​​​​

 

 

最新情報をチェックしよう!