オンラインストレージ『ownCloud』を無料で導入し使うようにするまでの設定手順

悩む人のイラスト

ownCloudを使いたいです。
どんな手順で進めればいいのでしょうか?

その質問にお答えします

投稿者のイラスト

オンラインストレージ『ownCloud』をロリポップサーバーに設定し、使えるまでの手順を解説します。

この記事の内容で何が出来るの?

初心者でも悩まず簡単に『ownCloud』が導入できます。

『ownCloud』ってなにが便利なの?

ownCloudに関する【FAQ】よくあるご質問はコチラ!

事前に準備するもの

『ownCloud』を利用するには、ロリポップ!のハイスピードプラン以上の契約が必要です。

ドメインが無料でもらえる申し込み手順】はコチラの記事で解説しています。

この記事の信頼性

元SEが実際に試した内容を、重要なポイントを含めながら解説しています。

— プロフィール —

当サイトの運営環境

ロリポップ!のownCloudを使うまでの手順

詳細手順

詳細な導入手順は以下の通りです。

  1. 独自ドメインの設定
    (サブドメインの作成)
  2. 独自SSL化
  3. リダイレクト設定
  4. PHPバージョンの確認
  5. ownCloudインストール

すでに環境が整っている方(1.2.3まで)は、4.から実施すればOKです!

ドメインの使用について

wonCloudをセットアップする場合、ブログやホームページとは別の『ownCloud用のドメイン』を用意しましょう。

理由

  • ブログとownCloudで、異なるPHPバージョンの設定が必要
  • セキュリティー対策

ownCloud専用にドメインを取得して運用すれば、ブログとオンラインストレージを完全に分離して使えるので、管理はもちろん、セキュリティーの面でもおススメです。

ドメイン代を節約したい時は、サブドメインが最適です。

サブドメインを作る手順】はコチラの記事で詳しく解説しています。

『ロリポップ!』なら契約中ドメイン1つ永久無料なので、ownCloudをサブドメインで導入すればサーバー代のみで運用できます。

ドメイン1つ永久無料付きロリポップサーバーの契約手順】はコチラの記事で詳しく解説しています。

1.独自ドメインの設定

独自ドメインの設定手順】はコチラの記事で解説しています。

【参考】ムームードメインでドメインを取得する手順

2.独自SSL化

ドメインやサブドメインをSSL化する手順】は、コチラの記事で解説しています。

3.リダイレクト設定

『http://』→『https://』へのリダイレクト設定をします。

❶『ロリポップ!FTP』で該当サイトの『.htaccess.txt』を開きます。

ロリポップ!FTPの開き方

ロリポップFTPの画面

❷下記のどちらかのコードをコピペします。

【https://のwwwなし】の場合

<ifmodule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.(.*) [NC]
RewriteRule ^ http://%1%{REQUEST_URI} [L,R=301]
</ifmodule>

【https://のwwwあり】の場合

<ifmodule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
RewriteCond %{HTTP_HOST} !^www\. [NC]
RewriteRule ^(.*)$ http://www.%{HTTP_HOST}/$1 [R=301,L]
</ifmodule>

❸【保存】をクリックし『.htaccess.txt』を保存します。

4.PHPバージョンの確認・変更

ownCloudを導入する場合は、PHPバージョンを『7.3 or 7.4』にする必要があります。
PHP8.0では、『ownCloud簡単インストール』が利用できません。(2022.04現在)

PHPのバージョン確認と変更手順】はコチラの記事で解説しています。

5.ownCloudインストール

『ownCloud』をインストールします。

ownCloudのインストール手順】はコチラで解説しています。

相手とファイルの受け渡しをする手順】はコチラで解説しています。

【最後に】

WordPressのテーマについて

ワードプレス(WordPress)は簡単に記事を作れるので便利ですよね。

そのWordPressのテーマは何をお使いですか?

無料のテーマですか?

有料のテーマですか?

ブログを始めると、最初に悩むのが『WordPressのテーマ』じゃないでしょうか。

どっちにしよう。。。

私の経験上ですが、『有料、無料』問わずテーマによってSEO的に変わらないし、アクセス数も変わらないです。

要は記事の中身(良質な記事)が大切って事でしょうかね。

今の主要なテーマはどれを使っても同じってこと?

そう思います。

じゃぁ高い有料テーマって意味がないの?

いえいえ、そんなことはありません。

有名な『有料・無料』テーマは、記事を書くうえで便利な機能がたくさんあるんです。
(サイトのデザイン、記事の装飾などが簡単にできるなど)

記事をたくさん書いていくなら超便利でおすすめです。

でも注意点があるんですよ。

テーマの機能に依存して書いていくと、テーマを変えた時にサイトのデザインが崩れます。

(テーマ独自のCSSなどを使用している為です)

また、機能を使いこなそうとして『不必要に記事を装飾』してしまい、読みづらいサイトになってしまいます。

BOXなんて2,3パターンあればいいし、足りなくなったらCSSで作っていけば事足ります。

SEO関連も有名プラグインの導入で即解決!

そこで!

プログラミングなどに興味がある方やWebサイト制作をしてみたい方は

「自分でテーマを作っちゃおう!」というのはどうでしょうか?

「え!簡単に作れるの?」

はい。
意外と簡単に作れちゃいます^^

(当サイトは『THE THOR』を利用していますが、別サイトは自作テーマで運用してます)

参考にした本がこれ

自分はどうしてもオリジナルテーマを作りたかったので、全て理解しながら進めた為に結構時間がかかりました。

(1日2時間程度で約1ヶ月)

ただしこれは、一度教科書通りに作って、それを少し凝った作りにカスタマイズしていったからです。

本のサンプルテーマをダウンロードすれば、すぐにテーマを導入できちゃいます。

本の内容はステップバイステップで、思いのほか分かりやすく、『ここはこうすると色を変えられます』、とか、『このようなデザインにもできます』など、詳細に書かれていました。

とりあえずササっと教科書通りに進めれば2,3週間で出来ますね。

時間に余裕のある方なら2,3日である程度理解して作れると思います。

時間がない方は、教科書の完成テーマをダウンロードすれば、数十分〜数時間で使えちゃいます。

WordPressテーマの自作に興味のある方は、ぜひチャレンジしてみて下さい。

これで得た知識は無駄にならないと思います^^

「プログラミングはちょっとなぁ。」

という方には、この本がマジでおすすめです!

この本は、プログラミングでテーマを作るのではなく、本のオリジナルテーマを導入し、必要なプラグインなどの設定を、手順通りに進めていくと『ブログやショッピングサイト』が完成するんです!

使い方も丁寧に説明されているので、初心者の方にも仕組みがわかるのでおススメですよ。

サイトデザインもシンプルだし、わたし的には好きです。

【参考】

コチラはちょっとマニアックでした^^;

でもサンプルテーマのデザインは綺麗です。
コーポレートサイト向けのテーマ作成で、少々難しかったです。

Webサイト制作の仕事に携わりたい方なら、知っておいて損はない内容です。

このようなコーポレートサイトが作れます。

お困り事はありませんか?

無料相談を承ります。

気軽にコチラから【お問い合わせ】ください。

最新情報をチェックしよう!

大切なデータが突然消えた...( ̄O ̄;)

えっ...
二週間かけて作ったデータが消えた...
何が起こったのか理解出来ず、しばし呆然。
私の時間を返してくれ!
【時を巻き戻す術はなし】

そういう経験はありませんか?

ロリポップのownCloudは無料でデータ二重化が出来ます!
実際に導入し、運用しています。
→ 無料お問い合わせはコチラから

TKR WebWORKS仙台は「ホームページ制作、運営」その他をサポートします。
→ Webサイト制作・ブログ開設の無料相談はコチラから

CTR IMG